リウマチに効果バツグン|高麗人参を食べて健康なカラダを取り戻そう

笑顔の女性

予防が大切

笑顔の中年男性

血糖値を下げる食品がある

糖尿病は1型と2型に分類されています。1型の糖尿病は血糖値を下げる働きをするインスリンの量が大幅に不足していて、インスリン注射が必須となります。しかし1型の糖尿病のタイプは日本人全体の約5%と言われており、ほとんどの患者が2型の糖尿病となります。2型糖尿病はインスリンの量が不足することによって発生しますが、主に生活習慣が関係していると言われています。個人差はありますが人間が一生の内に分泌されるインスリンの量は決まっていると言われています。現在は食生活が変化していて血糖値を上昇させる様々な食品があります。またカロリー摂取が多くなると血糖値を下げる為にインスリンの量も多く分泌されます。しかし現在は血糖値を下げる働きをする様々な健康食品が販売されており、手軽に購入することが可能となっています。

年々増加している

2型の糖尿病は中高年に多いといった統計がありますが、疾患の程度は個人差があります。日本では糖尿病予備軍と言われている方が約600万人とのデーターがあり、予防策が挙げられています。予備軍とは血糖値が高い時と正常な時がある場合を指しますが、食事や運動によって血糖値が改善する可能性もあるので国でも予防策が講じられています。糖尿病は世界各国でも患者がいますが、予備軍に属している場合は食事と運動により半数以上は改善したといった報告もあります。一般的な予防策は食事ではカロリーや脂肪の制限をし、運動は有酸素運動を行うことです。特に運動は血糖値の改善だけではなくストレスの解消や筋力増加にも効果があるので継続して行うことが大切です。糖尿病は年々患者数が増加していますが、予備軍を発症させないことにより患者数は減ると指摘されています。ですから適切な食事と運動を取り入れた生活習慣を送ることが大切です。